スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


イタリア語で禁煙

イタリア語で禁煙は「Vietato Fumare(ヴィエタート フマーレ)」と言います。
Vietato … 禁止された
Fumare … タバコを吸う

また、Vietato Mangiare(飲食禁止)などVietato〜と書いてある所では、何かが禁止されているので注意した方が良いでしょう。

しかし、観光大国のイタリアなので外国人にもわかりやすいように英語表記や絵が描いてありますので、だいたいの見当はつくと思います。

また、イタリア語でタバコは「Tabacco(タバッコ)」です。ちなみに複数形は「Tabacchi(タバッキ)」となります。


イタリアとタバコ

イタリアは以前は(2005年の新禁煙法ができるまでは)ヨーロッパでも有数の喫煙大国でした。

タバコ代は日本より高いとは言え、イギリスや北欧諸国に比べれば半額ほど。
私の記憶では、マルボロのボックスが
イギリス…1000円位
ドイツ…700円位
イタリア…450円位
でしたと思います。ただイギリスなどでは、マルボロなど箱に入ったタバコを買う人はかなりのリッチマンと思われます。彼らはたいてい紙巻タバコを自分で作って吸っています。

また、ただでさえ安いイタリアのタバコですが、路上で「闇タバコ」というものを売っています(最近は見かけませんが…) これは正規の流通経路をとらず非課税で輸入されたもの。つまり密輸ですね(笑)その闇タバコは関税証明のシールが貼っていないので一目でわかります。

また、イタリアはポイ捨て天国でもありました。日本と違い、街中に石畳が多いので石と石の隙間に入ってなかなか掃除できないようです。街並みは綺麗なイタリアですが、街中は結構ごみが落ちています。

タバコの効能??

10年以上前の話ですが、ラジオで「タバコには百害あって一理なしと言われているが、これだけ人類に愛されているタバコには一理くらいあるのではないか?という研究がアメリカの大学でされている」という内容の放送が流れていました。

その後は音沙汰ありませんが、何か発見されたのでしょうか(笑)?

私はタバコには百害あって一理なしと断言します。たとえあるとしても、それは自治体に税金が入るといった事だけで、あなたにとってのメリットは何もないでしょう。

まずは2週間

体内のニコチン残留期間はおよそ2週間と言われています。禁煙はまずは2週間を目標にしましょう。

なぜイタリア式?

イタリア式禁煙方法はその名の通りイタリア式です。単純にイタリアにいた時にイタリア人の友人から、この禁煙方法を聞いたのでイタリア式禁煙方法と命名しました。単純ですみません(笑)

2005年1月に新禁煙法という法律が施行され、タバコを吸う場所がなくなったイタリアで流行したという禁煙法です。元々ヨーロッパでも1,2を争う喫煙王国のイタリアで流行っただけあって非常に効果的でした。

私もその頃は1日2箱以上吸うヘビースモーカーだったのですが、この禁煙方法ですんなりとやめることが出来ました。

ラテン気質のイタリア人に受け入れられる位ですからイライラもなく非常によく考えられた方法だと思います。

本気で禁煙したい人だけですか?

最近、色々な「禁煙できる方法」というのが出ていますね。購入していないので、内容については何とも言えません。

しかし、ホームページを見る限り、テキストで100ページ以上もあるような物が多いです。彼らは禁煙して欲しいのでしょうか?タバコについての知識を覚えて欲しいのでしょうか?

少なくともお客様は「禁煙したい」というのが目的ですので、「簡単に禁煙できます!」といっても読むのに2,3日かかるような内容ではどうかな?と単純に思います。

もちろん最終的に禁煙できれば良いのですが…

一つ気になるのが多くのホームページに「本気で禁煙したい人にだけ」という一文が書かれていることです。「ひやかしお断り」と書いているサイトもあります。

禁煙成功率を上げる為でしょうか?

個人的には、成功率を上げるより、一人でも多く成功者を増やした方が良いのではと思います。イタリア式禁煙方法はちょっと興味があるだけという人も歓迎しています。内容には自信を持ってますから。

軽い気持ちでも最終的に禁煙できちゃうんですから、それで私は満足しています。何より「禁煙できました!ありがとうございます!」ってメールが届いたときが一番嬉しいですしね。

禁煙方法の内容に自信があれば「本気で禁煙したい人だけ」でなくても良いのではないでしょうか??




禁煙グッズで禁煙できるか?

まず、ニコレットやニコチンパッチなどのニコチンを摂取するタイプの禁煙グッズはオススメはしません。

ニコチン中毒は治らないので、結局タバコを吸いたくなってしまうからです。

禁煙飴も(禁煙してからですが)一つだけ試したことがあります。長く吸っていなかったので、飴を舐める前に2,3回吸って、その後飴を舐めてまた吸ってみました。

ちょっとは味が変化しましたが、やめたくなるほどの味の変化かなというと疑問が残ります。タバコをやめてからは細かい味もわかるようになったので、喫煙者の舌で感じるほどの変化かどうかも疑問です。

あと、ニコチンの入っていない禁煙草というタバコのようなグッズがあります。吸っている気になるので、禁煙中のイライラ解消の為には良いかもしれません。ただ少し値段が高いのがネックですね。

イタリア式禁煙方法はグッズが不要の禁煙方法ですが、この禁煙草と併用しても良いでしょう。

禁煙に意思の強さは不要

よく禁煙成功者は意思が強い人だと思われています。

というよりも、禁煙失敗者が意思が弱い人だと思われているといった方が正しいのかもしれません(笑)

ところが、禁煙には成功してもおやつは止められない人や、禁煙に失敗しながら地道にコツコツとやる事が得意な人もいます。

禁煙と意思の強さとは関係はありません。

もちろん、意思の強さだけで禁煙出来ている人もいますが、ごく一部です。

イタリア式禁煙方法とは?
禁煙グッズ不要!意思の強さ不要!イライラを感じる事無く禁煙できる禁煙方法です。意思の弱い私も、禁煙セラピーでも禁煙できなかった友人もあっさりやめる事ができました!

イタリア式禁煙方法公式サイト
相互リンク募集中
イタリア式禁煙方法は相互リンクを募集しています。

禁煙に関するHP・ブログでなくても構いませんが、ネットワークビジネスや年齢制限のあるHP・ブログの方はお断りさせて頂きます。

□タイトル
イタリア式禁煙方法

□URL
blog : イタリア式禁煙方法blog
HP : イタリア式禁煙方法HP
↑右クリック→ショートカットのコピーで簡単にコピーできます。

紹介文はどの様に書いて頂いても構いません。

相互リンクご希望の方はコチラからお願いします。
オススメLink
sponsored links
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM